歯医者嫌いから歯医者好きへ

私は歯医者さんが嫌いでした。音や痛みが嫌というわけではなくて、
一度歯医者に足を踏み入れると治療がずっと続いて終わらないからです。
1本の歯の痛みで治療に行っても、次々と違う歯を治療されていくのでせっかくの休日も歯医者通いで潰れていきます。
少しの治療時間で終了し、「また来週」と言われるといったいこれがいつまで続くのか終わりなき治療がうんざりでした。
決定的に嫌いになった時は親知らずが少し痛みだし、早いうちに抜いてほしくて受診したのですが
虫歯の治療をされ親知らずを一番最後に回された事がありました。
ほんと大阪市内の歯医者は対応が悪いんです。
何をしているのかよくわからずいつになったら抜いてくれるのかと聞いてみたのですが
「虫歯治療を最初にしておきましょう」と言われ、こちらの要望を最後に回されていて驚きました。
やはり歯医者なんて嫌いだ!と思っていた私ですが、友人に勧められた歯医者さんに出会って歯医者に対する考えが変わりました。
勧められた歯医者さんはカウンセリングにとても重点を置かれているお医者さんでした。
症状をしっかり聞いてくれるのはもちろん、どこまで治療をしたいか希望(相談に来た歯だけ、他にも見つかれば内容を聞いてから治療を受けるなど選択肢がある)をしっかり聞いてくれますし、どの歯がどういう風に悪いのか、どういう治療を何回かけて行うかなど詳しく伝えてくれましたので、いつまでたっても治療が終わらないと不満に思う事はまったくありませんでした。
 自分に合う歯医者さんを見つけることってとても大事だと思います。
私は歯医者嫌いでしたが、この歯医者さんに出会ってからみずから定期健診や歯石取りに出かけるほどの歯医者好きになっています。
年をとっても元気な歯と歯ぐきでありたいなと思います。
良い歯科医師を判断するポイントについて

This entry was posted in 歯科.