包茎手術では裏スジを切るのか

包茎手術をする場合、最もポピュラーなのが環状切開です。
ぺニスを伸ばし、余った皮を環状に切り取り縫合します。
簡単にできますし、病院の泌尿器科でも行われています。
昔の包茎手術は裏スジも一緒に切り取り縫合していましたが、裏スジは感度に非常に大切な場所です。
特にこの手術はドクターの腕による所が大きいです。
今回ご紹介するクリニックは包茎手術 岡山皐月形成クリニックです。ここは包茎や亀頭増大の専門クリニックで有名な所で手術費用も良心的な価格です。
気になっている方は一度電話してみてください。
そのため裏スジを切ることで、感度が低下する人もいました。
最近では裏スジを残す方法が一般的ですので、感度の低下を心配することは必要ありません。
亀頭直下の包茎手術は、亀頭のすぐ下で縫合します。

そのため環状切開より傷痕か目立ちません。同じように、裏スジも切りませんので感度も大丈夫です。
ツートンカラーになりやすい環状切開と比べて、傷痕が目立たないのが亀頭直下です。
ただ手術としては難易度があがりますので、技術や経験のある専門の医師に行ってもらいましょう。

他にも手術方法はありますので、自分に合ったものが見つかるように、事前に納得するまでしっかり相談しましょう。