包茎手術の利点について

現在、日本の男性の陰茎の8割は仮性包茎と呼ばれる包茎状態であると言われています。

仮性包茎は陰茎が勃起していない通常時に包皮が亀頭の上に覆いかぶさるもしくは亀頭の一部にかかってしまう状態の陰茎の事を指します。
仮性包茎は通常時には包皮が亀頭に覆いかぶさるもしくは亀頭の一部にかかっている状態でも勃起時には自然と包皮が剥けて亀頭が露出する、または包皮を手で剥いて亀頭を露出させる事が出来る事が仮性包茎の定義となります。

仮性包茎は日本人男性の8割に及ぶと言われ、近年では仮性包茎を治す為の包茎手術を受ける人が急増してきています。
仮性包茎による弊害としては陰茎が勃起していない通常時に常に亀頭が包皮で包まれている状態になるので恥垢や雑菌が包皮内部に繁殖しやすい状態となって臭いが発生しやすくなるなど、衛生面の部分で様々な弊害があると言われています。

仮性包茎により亀頭が不衛生となる事で尿道炎などの泌尿器の病気を引き起こしてしまうケースもあり、仮性包茎の場合は常に包皮内部を清潔に保っておく事が陰茎の病気を引き起こさない為の必須条件となります。

仮性包茎により亀頭周辺に恥垢が付くなどして臭いが発生する事もあり、仮性包茎が原因で陰茎が臭くなってしまい女性のパートナーなどに不快感を与えてしまう場合もあります。
仮性包茎で不潔となった男性の陰茎を見た女性からセックスを拒否されるケースもアンケートの調査などで報告されています。

包茎の治療なら新宿形成外科

https://www.s-keisei.jp/houkei/index.html#01

This entry was posted in 包茎.