ホームページ作成商法とクーリングオフ

訪問販売での契約トラブルは以前から多くありますが、近年ではホームページ作成に関する契約での苦情が増えてきています。
現代では、企業のホームページの出来如何が、経営や集客に大きな影響をもたらすことから、
企業サイドでもホームページ作成には興味を持っています。
ですが、比較的小さな事業所では、社内で独自に作成するのは難しく苦慮しているところでもあります。
その為、ホームページ作成の業務を行う専門の会社に依頼するところが多いのですが、中には、悪質な業者もあるので注意が必要です。
報告の上がっているホームページ商法の実例では、ホームページ作成ソフトのリース契約に関するものがあります。
ターゲットは、個人事業主や零細企業が多く、正しい説明をせずに、実際とは異なる内容の契約をさせられます。
また、長時間の勧誘でその場で契約書に押印させるのもこの商法の特徴です。
その他様ざまなケースがあり、泣き寝入りをする事業主が少なくありません。
ケースによっては、クーリングオフが適用されたり、またクーリングオフが出来なくても、
専門家に相談することで損害回復の手立てがある場合があります。

Posted in web